ADHD(注意欠陥多動性障害)とは具体的にどんな特徴があるのでしょう?
自分の子供がADHDかどうか、チェックする簡単な方法をご紹介します。

ADHDの症状・特徴として挙げられるのは①不注意②多動性③衝動性の3つ

ADHDは、次の3つの症状が特徴と言われています。

1)不注意
集中力が続かない、気が散りやすい、忘れっぽい。

2)多動性
じっとしていることが苦手で、落ち着かない。

3)衝動性
思いついた行動について、行ってもよいか考える前に行動してしまう。

の3つです。

ひとつずつ詳しく見て行きましょう。

1)不注意の症状

不注意の症状の分かり易い特徴は?

「ひとつのことに集中できない、集中力が持続せず、飽きっぽい」
「周りのちょっとした変化や刺激に気をとられ易い。すぐに気がそれて集中力が途切れてしまう」
「忘れ物が多い、すぐに物を失くしてしまう、注意力が足りない」
「面と向かって話しかけられているのに、気がそれてしまい話を聞いていない」

といったことです。

2)多動性の症状

多動性の症状の分かり易い特徴は?

「無意識に体が動いてしまい、それを抑えられない、コントロールできない」
具体的には、貧乏ゆすり、きょろきょろする、落ち着いて座っていられないなどです。

また、
「おしゃべりを自分でコントロールできない」
「他人が話している途中でも、いきなり話し始めてしまう」
「一方的にしゃべる続ける、しゃべり始めると止まらない」
という特徴が見られます。

3)衝動性の症状

衝動性の症状の分かり易い特徴は?

「自分の感情を抑えられない」
「自分の発言や行動を抑えることが苦手」

といったことです。

日常生活の中では

順番を待手ずに、横から割り込みをしてしまう
他の人がしていることをさえぎったり、邪魔したりする
まだ質問が終わらないうちから自分の答えを話し始めてしまう

など、
「思いついた行動を行ってもよいか」
という状況判断力が極端に劣っているのが
衝動性の特徴です。


まずは、ご自宅で
サプリメントから始めてみませんか?
子供のADHD専用サプリメント~コドモのミカタ「コドミン」
↓↓↓
コドミン公式サイト⇒https://mpj.jp/