現在幼稚園に通園している2人目の子供がADHD、
つまり注意欠如・多動性障害と診断されています。

思えば生後間もないころから
上の子供とは違い、
夜はなかなか寝付かないということ、

寝たとしてもちょっとしたことで
すぐに起きてしまうこと、
常に情緒不安定であやすのが大変でした。

また会話について言葉自体を覚えるのは
とても早かったのですが、
話ができるようになっても大人の言うことを
理解できずに自分の言いたいことをずっと言っているなど、
意志の疎通がはかれない状態でした。

幼稚園に入園するまでそのようなことがあっても、
まだ小さいから成長していないだけだと思って
大丈夫だろうと思っていたのですが、
実際幼稚園に入っても先生やお友達と
全く会話が成立しない状態であった上に、
クラスでお絵かきやスポーツなどをしていても
1人だけ他の子供と違うことをしていたり、
保育室から出ようとしてしまうことがあったりするなど
他の子供とは明らかに違う様子が見られると
担任の先生から言われました。

以前から子供の様子が
何となく普通でないということについては
自治体の保健師さんに相談していたのですが、
ADHDの大きな特徴である、
注意欠如や多動性障害の症状が徐々に見られるようになってきたので、

再び保健師さんに相談して
少し遠方にある精神科の総合病院の専門の
外来を受診することになりました。

しかしながら今はうちの子供と
同じような症状の子供が多いのか、
診察を予約しても実際に受診できたのは3か月先でした。

その間にも子供のADHDの症状は
どんどん顕著に目立ってきていて、
クラスのお友達からおもちゃを無理やり取ってくる
というのは日常茶飯事で、

そのうち他のお友達の親御さんから
苦情が来るようになっていたのです。

その頃には子供のために
加配の先生も付くようになっていました。

子供が毎日家に帰宅するたびに
きちんと話をして、幼稚園ではお友達と仲良くしてほしい、
先生の言うことを聞いてほしいと伝えたのですが、
全く話を聞くことはなく
毎日自宅でも気に入らないことがあると
かんしゃくを起こすことも増えてきました。

そしてようやく受診できる日が来たものの、
子どもはほぼADHDで間違いないものの
効果的な治療法はなく、
せいぜい落ち着かない症状を薬で落ち着かせる、
もしくは療育を受けることで子供が徐々に
社会に慣れるようにしていく、
というくらいしかできないと言われました。

幼稚園児なのでさすがに薬を飲ませるのはよくないと思い、
療育を受けさせようとしたのですが、
現在は療育センターも定員がいっぱいということで
年内は利用は難しいと言われました。

現在は母親である私が子供に対して
少しでも社会に慣れてくれるように、
対処方法を学んでいますが、
今後もずっとこのようなことが続くと思うと
辛くて仕方がありません。



トップページに戻る